DreamWorks 株式会社ドリーム・ワークス
ホーム 会社概要 沿革・開発実績 製品紹介 環境責任遵守 関連・グループ会社 所在地マップ
  企業の社会的責任および環境責任遵守の方針
企業の社会的責任および環境責任遵守の方針
ページ先頭へ
 
企業の社会的責任および環境責任遵守の方針

弊社では企業としての社会的責任、環境保全の責任について早くから取り組みを始め、以下の方針のもとにグループ各社総力を挙げて積極的な展開をおこなっております。

    1. 企業の社会的責任と環境責任を果たすための管理の仕組みを構築し、継続的に運用してゆくこと

    2. 関連法規・契約条項等を遵守し、社会的責任と環境責任に対するバランスを配慮した業務活動を管理するための仕組みを構築すること

    3. 環境側面に関する実績をモニター・評価し、更に、実績を管理・改善するためにエネルギーの節約、廃棄物処理とリサイクルについての環境数値目標と結果達成に向けた自発的な目標を設定すること

    4.法違反により発生した罰金がある場合は、その情報も含め、自発的な環境目標に対する結果や他の環境側面に関わる結果を公開すること

    5. これらの実現のため、環境側面に関する実績をモニター、測定、報告する責任ある社員を育成するための教育を実施するすること

以下、具体的な取り組みについての説明致します。



1.管理の仕組み

    レビューボードの設置

    • 代表取締役社長を議長とする「社会・環境責任レビューボード」を設置、半期ごとにレビューミーティングを行います
    • メンバーは弊社取締役およびグループ各社の代表取締役が就任します

    目標の設定、結果のレビュー

    • 管理目標の設定、見直し、実現のための施策と実施結果のレビューをおこないます
    • グループ各社での実施状況についてもメンバーが同様の報告をおこない、各社での実施し状況をレビューします

    社会・環境責任担当役員の選任

    • 弊社取締役の中から、社会・環境責任担当役員を選任します

    実施状況の管理とセルフアセスメント

    • 担当役員は実施状況の管理を行い、実施結果について担当者とともにセルフ・アセスメントをおこない、結果をレビューボードに報告します
    • 環境担当者は設定された管理目標に従い施策を実施、結果を記録し、担当役員と共にセルフ・アセスメントを実施します

    環境担当者の選任と教育の実施

    • 環境担当社員を選任し、エネルギーの節減や廃棄物管理、リサイクルの推進にあたります環境担当者に対する教育は社内外のプログラムにより年に一回実施します

2.関連法規・契約条項の遵守

    弊社およびグループ各社は下記の行動原則に則り行動をするとともに、ホームページなどを通じ、取引先の各社にも協力をお願いしております(EICC行動規範を遵守する)

    • 行動規範

    • 1. EICC労働基準を遵守
      2. EICC安全衛生基準を遵守
      3. EICC環境基準を遵守
      4. EICC倫理基準を遵守
      5. EICC行動規範を遵守するための管理システムを構築

平成25年度実施状況(平成25年5月現在)


      1.レビューボード・ミーティングの実施(平成25年4月30日)

      2.平成25年度担当役員および担当者
        社会・環境責任担当役員: 近藤良平
        環境担当者: 清水利江子

      3.目標設定

        事業所電力使用の5%削減
        廃棄物処理の管理:該当なし
        リサイクル用紙の活用50%
        社会・環境責任についての記述を含むホームページ改訂

更新日:2013年 5月 2日

 株式会社ドリーム・ワークス Copyright(C)2003 Dream Works Co.,Ltd. All rights reserved.